JP EN

【セオリー】アプローチで腰よりも高い打点はダウンザライン。そしてスティールで相手を逃さない!

Youtubeチャンネル

2020.03.07

sddefault-2

【セオリー】アプローチで腰よりも高い打点はダウンザライン。そしてスティールで相手を逃さない!

<担当から一言>
高いところで打つ時は、ダウンザラインへ打って、時間を奪いましょう。ですが、なぜダウンザラインなのか?それは距離の違いです。距離が長いところに打つと相手に時間を与えてしまうので相手に返される可能性が高くなります。

YouTubeバナー
Youtubeチャンネルの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

OtsuYoshito
Written by 
テニスコーチを始めて8年間、お客様のテニスの上達のサポートをしてきました。今までの経験から得た知識を皆さんに伝えることができるように頑張ります。 新しく始める方から競技者の方まで一緒に挑戦していきましょう。
F