JP EN

【テニス】どうしてもラリーが続かない。今すぐできる対処法3選!

テニス初心者

2019.08.12

matsushitawhatwhenhow.png

みなさん暑い夏をどうお過ごしでしょうか?

少し涼しい8月のバンコクからテニス初心者のみなさまへ、ラリーが続くようになるコツ3選をご紹介します。

では行ってみましょう!

 

 

 

①スイングしない

ボールを打つ際に一番気をつけなければいけない事ってなんでしょう?

  • ラケットの持ち方?
  • スイングの仕方?
  • 立つ位置?

色々な要素がありますよね。
でもバランス崩れててもマトに当たったりしますよね?打ち方めちゃくちゃなのに入ったりしますよね?

ここでは打ち方よりも、ボールとラケットが当たる瞬間を大事にしましょう。

ですので、普段習っている打ち方でなかなかラリーが続かない場合は、その打ち方の1/2か1/4くらいの小さなスイングにしてみてください。

ボールとラケット面の向きを意識するためです。

コントロールできない大きなスイングではなく、自分で意識して動かすことのできる小さなスイングにしてみましょう。

慣れてきてたら徐々に元のスイングにしてくといいですね。

コンパクトにスイングしよう!

 

 

 

②ゆっくり打つ

テニス上級者であれば早い低いボールが来てもゆっくり打つことはできますが、初心者にとって早い低い球をゆっくり返すのは難しいです。
なぜかというとテニスボールって結構飛ぶので、それをゆっくり打つのって難しいですよね。

これはラリーの相手と一緒にゆっくり打ち合うことが必要です。

片方が速く打つ、もう片方はゆっくり打つ、難しいですよね。

ですので打ち方も大事ですが、ボールのスピードを落として山なりにゆっくり打ってみましょう。

山なりに打ってみよう!

 

 

 

③ミディボールを使う

これは今すぐに!とは行きませんが、普通のテニスボールではなく、柔らかいミディボールを使用します。

テニスボールって結構飛びますよね、意外と飛ぶんですよ。

飛ばないボールの方がラリーが続けやすいですよね。

大人の初心者であればグリーンボールがいいですね。

子供の初心者であれば年齢によりますが、レッドボールかオレンジボールを使ってみましょう!

YouTubeバナー
テニス初心者の関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F