JP EN

【いつやるの?】今日で100kmを走り終えました。果たしてその効果とは?

バンコク・気になるお店

2018.10.29

20181029_cacheye

勝手に100キロマラソン!

すでに何名かはご存知ですが、私松下は10月中勝手に100kmを走るチャレンジをしていました。

それが今朝で終わりましたので、ご報告します。

 

 

 

1ヶ月で100km!

IMG_7195

この数字には特に根拠はありません。キリよく100kmを目標にしました。

「1日に5km走っても、20日間で終わるなぁ。楽勝かな?」

と、軽い気持ちで始めましたがそれが大きな間違いでした。

レッスンに加えてその後の筋トレ、そこからさらにランニングとなるとなかなかしんどかったですね。

週7日中、に1日は体を休める日が必要ですので、6日中5日は走らなければいけません。

これはもう感覚的には毎日走ってる感じです。

 

 

 

①体重は減らなかった

IMG_4729

「増えすぎた体重を減らすため」に、今までチャレンジしたことのないランニングに挑戦しました。

 

結果的に体重の増減はありませんでしたし、周りからも「痩せた?」と言われなかったので見た目の変化もなかったということですね。

筋トレも同時並行だったので、それで体重の増減がなかったのかもしれません。

体脂肪率が測れる体重計は以前に壊れて、それから買い直していないので体脂肪率はわかりません。

 

 

 

 

②ズボンが若干ゆったりになった

20181029

腰回りがマイナス1cmで、ズボンも若干はくときに隙間ができたので、下半身が少しすっきりしたのかなと思います。

腰回り以外はサイズの計測をしていなかったので、太ももも計測しておくと良かったですね。

 

 

 

 

ランニングはどれくらいテニスに還元されるのか?

正直いうと、ランニングをしたことで「テニスするときに楽になった!」なんて感覚はありませんね。

そりゃそうですよ。これはトレーニングの特異性の原理があるからですね。

一定のスピードで、中強度で、前方にしか進まないランニングと、超短距離でアジリティとクイックネスが要求されるスポーツではトレーニングの方法が明確に違います。

どちらかといえば短い距離のダッシュと、方向転換の速さが必要になります。

マラソン≠短距離≒テニス

バンコク・気になるお店の関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F