JP EN

【めざせ中級】クロスコートはセンターベルトの上を通すべし!

テニスダイアリー

2017.06.05

20170605_roadtointermediate真っ直ぐ打てるようにするというのもなかなか難しいもんですね。どうも、ド直毛、松下です。
テレビで見ると結構広く見えるテニスコート。
実は縦長なんです。

 

 

 

真上から見ると

20170605_tenniscourt

よくテレビで放送される角度だと斜めから撮っていますから、結構横に長く見えますよね。
しかもトッププロたちが簡単にスーパープレーするもんだから「自分もできるんじゃないか?!」と思ってやってみるけどこれがねぇ…

上の絵を見るとテニスコートが縦長であることがわかりますね。

 

 

 

センターベルトの上を通すべし!

20170605_hitthroughcenterbelt

クロスの位置からクロスに打つためには、センターベルトの上を通すように打つとクロスに打つことができます。前述したようにテニスコートは縦長ですので、もっと角度をつけたい場合どんどん距離は短くなります。

 

 

 

相手を外に追い出すためには

20170609-shortcrossisshorts

前述したようにテニスコートは縦長ですので、もっと角度をつけたい場合どんどん距離は短くなります。
相手をコートの片側に寄せるためには正確なクロスコートが欠かせません。その中でさらに相手を外に追い出したい場合はさらに角度が必要になるわけですが、角度をつけると当然と打てる距離は短くなります。
スピードを落としてゆっくり打ってしまうとそこを狙い撃ちされてしまいますので、打点を落とさずにスイングスピードを早くして回転量をあげることが求められます。

ボールスピードをあげるのではなく、回転量をあげて落ちやすくするわけですね

それではまた来週!

初心者向けのブログはこちら

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Avatar photo
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。