JP EN

目指せ中級レッスン69_ストロークよりもボレーの方が簡単⑨

テニスダイアリー

2021.11.29

5w1h
どのレベルでも悩むサーブに比べて、ボレーは実は簡単だと思います。「え?ボレーって難しくありませんか?!」と思う方は、

  • ボレーでのポイントの終わらせ方を勘違いしている
  • パワーとスピードに捉われている
  • ラケットを動かしてはいけないと思っている

もしかしたらこんな間違った考え方をしているかもしれません。

相手の球種を見よう

tennis see what kind of shot opponent hits
基本のミドルボレー、ローボレー、ハイボレーとスマッシュ(ハーフボレー)を練習したら、次は相手のショットの種類に気を付けます。
一般的にフォアハンドでトップスピンを打つ時は厚いグリップ。
スライスを打つ時は薄いグリップで打ちますが、相手のグリップや打ち方を見て相手の球種を判断します。
最初はトップスピンかスライスかが分かるようになるといいですね。

スマッシュもサーブも上を向くから距離感がわからなくなる


トップスピンとスライスではボールの軌道が違います。
トップスピンは下に落ちる力が強くなりますが、スライスはその逆の回転なのでなかなか下に落ちてきません。
この違いをわかっていると打つ直前のボールの待ち方が変わってきます。
トップスピンは下に落ちるので、ラケットを下に動かす打ち方になります。
スライスはなかなか落ちてこないので1テンポ待つことになります。

【安定したボレー】には理由がある。ボレーが上手になりたい人にあながちなミスを改善する動画です。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。