JP EN

目指せ中級レッスン66_ストロークよりもボレーの方が簡単⑥

テニスダイアリー

2021.11.08

5w1h
どのレベルでも悩むサーブに比べて、ボレーは実は簡単だと思います。「え?ボレーって難しくありませんか?!」と思う方は、

  • ボレーでのポイントの終わらせ方を勘違いしている
  • パワーとスピードに捉われている
  • ラケットを動かしてはいけないと思っている

もしかしたらこんな間違った考え方をしているかもしれません。

上のガットで捉える

テニス スライス 上のガット 下のガット トップ ボトム
ラケット面の天井側と地面側、そして真ん中。
どこで打ってもボールは前に飛ばすことができますが、どこで打つかで効果も変わってきます。
例えるならトランポリンです。

  • 真ん中が1番飛べる
  • 端で飛ぶと真ん中に戻る
  • 端で飛べば回転しやすい

トランポリンの端でジャンプしたほうが回転技に移りやすいですよね。テニスラケットとボールも同じように、テニスラケットの真ん中で打つよりも端の方で打ったほうが回転がかかりやすくなります。
端といっても、あまり端のフレーム近くになってしまうとボールは逆に飛ばなくなってしまいます。
真ん中よりも少し下、上、トップ、ボトムという風に使い分けます。

下で打つとスピードが出過ぎる

テニス ボレー 上のガット 下のガット
上のガットでも下のガットでもボレー、スライス系を打つことはできます。
しかしながら、下のガットで打つとスピードが出過ぎてしまいます。また、フレームで打つ確率も上がってしまいます。中級以上になってくると、相手はあなたのスイートスポットを外そうとしてきます。
相手がトップスピン系を打ってきた場合、下の方に落ちていきます。
そうするとフレームで打たされてしまい、ミスを誘われてしまいます。

上のガットの方が自然な動きができる

ボレー 上のガット 自然な動き
上のガットで捉えた方がインパクトからフォロースルーまでが滑らかに、自然に動かすことができます。
特に飛ばしたくない時、薄い当たりで打ちたい時に勢いをなくすことが簡単になります。
飛ばしたい時は少し厚くすれば飛ばすことができます。

【テニス】あなたは正しいステップとボレーできていますか?正しい基本的なボレーは「腰」「ステップ」「足運び」が必要です。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F