JP EN

目指せ中級レッスン65_ストロークよりもボレーの方が簡単⑤

テニスダイアリー

2021.11.01

5w1h
どのレベルでも悩むサーブに比べて、ボレーは実は簡単だと思います。「え?ボレーって難しくありませんか?!」と思う方は、

  • ボレーでのポイントの終わらせ方を勘違いしている
  • パワーとスピードに捉われている
  • ラケットを動かしてはいけないと思っている

もしかしたらこんな間違った考え方をしているかもしれません。

【重要】プッシュする


テニスラケットは板ではありません。
ラケット面と表現していますが、その面は縦糸と横糸で構成されています。
そうです、糸(ストリング)です。
テニスボールを打っているのは糸であるという衝撃の事実を認めるところからこの話をは初めていきましょう。

糸なので引っかかる


目に見えないレベルですが、スーパースローモーションで見ると確かに糸は動いています。
Youtubeに落ちていますので、「テニス」「スナップバック」で検索してみてください。

感覚を重要視しよう

実際にボールを打つ時に、ラケットとボールが接触している時間はとても短く一瞬です。
その一瞬の中でボールを押す意識でラケットを動かします。
ストリングが一瞬たわむので、ボールとラケットが一瞬くっつきます。
くっつくのでボールを押すこともできますね。

【テニス】あなたは正しいステップとボレーできていますか?正しい基本的なボレーは「腰」「ステップ」「足運び」が必要です。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F