JP EN

目指せ中級レッスン63_ストロークよりもボレーの方が簡単③

テニスダイアリー

2021.10.18

5w1h
どのレベルでも悩むサーブに比べて、ボレーは実は簡単だと思います。「え?ボレーって難しくありませんか?!」と思う方は、

  • ボレーでのポイントの終わらせ方を勘違いしている
  • パワーとスピードに捉われている
  • ラケットを動かしてはいけないと思っている

もしかしたらこんな間違った考え方をしているかもしれません。

ボレーは技術よりも感覚を優先する


ボレーではどうやってラケットを動かすかということも大切ですが、手の感覚がとても重要になります。
某百獣の王も言っていましたが、コップを取ろうと思ってコップが取れる。というような感覚だと思います。
ボールがあるところにラケットを出せるかどうかが、とても大切です。
テニスに限らずラケットスポーツ初心者の方は、ラケットの長さの感覚がまだついていないので、距離感が難しいです。

変化に合わせることができるか


中級を目指している方はトップスピンやスライスにも取り組んでいることでしょうが、トップスピンやスライスを打つと軌道やバウンスに変化が生じます。
その変化に対応できなければスイートスポットを外されてしまいます。
その変化がわかるようになるためには、やはりその球種を打てるようにならなければなりません。

相手を観察して球種を予測する


ではどうすれば変化に対応できるようになるのでしょうか。
それは相手を見ることです。具体的には、相手のグリップ、テイクバック、体勢を見ます。
初めはグリップだけでもみれるようになると、トップスピン系かスライス系かだけでもわかるようになります。
「そんな余裕がない!」と、初めは感じると思いますが、徐々にわかるようになって来ますので、コツコツとやってみましょう!

【テニス】あなたは正しいステップとボレーができていますか?正しい基本的なボレーは「腰」「ステップ」「足運び」が必要です。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F