JP EN

目指せ中級レッスン48_サーブはどうすれば入るのか⑧

テニスダイアリー

2021.06.14

matsushitawhatwhenhow.png

スライスサーブが1番簡単

20161212_servegripcontinental
身長が高ければより直線的に打っても入れることができますが、身長が低いとどうしても放物線状に打たないといけません。

コンチネンタルグリップでスイングをインサイドアウトにして打つと自然とボールに横回転がかかるようになります。
と言う事は正しいグリップで正しいスイングをすると最初はスライスサーブの習得になります。

初心者の方にとってボールに回転をかける事は簡単ではないと思いますが、
後々正しいグリップ正しいスイングに修正していくことを考えると
スライスサーブ練習しておいたほうが1番簡単だと思います。

実は回転をかけることは難しくない

tennis-hit-outside-of-the-ball-swing-inside-out
これが技術的に難しいかと言えばそうではなくむしろ、
サーブはそういうものだと初心者のうちから教えられた方の方がサーブはとても安定しているように思います。

自己流でテニスを始めている方よりも先入観がない分、
ボールに回転をかけることに抵抗がなく、
自己流で打つ方よりも正しいサーブの習得が早いように思われます。

スライスサーブの次は

スライスサーブの打ち方がわかったら、次はナチュラルスピンサーブの練習に移ります。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F