JP EN

目指せ中級レッスン6_フォアハンドでトップスピンを打つための体の使い方

テニスダイアリー

2020.07.20

20160216_matsushitaforehandoncourt

今回で目指せ中級も第6回となりました。
第6回となる今日はフォアハンドでトップスピンを打つための体の使い方を確認していきます。

 

 

 

結論:ボールの外側を打てる、インサイドアウトにスイングしやすい体の向きにする。

重いトップスピン、エッグボールを打つためにはボールの外側をインサイドアウトのスイングで打つ必要があります。
それがしやすい体の向き、またそれがしづらい体の向きがあります。

 

 

体が開いているとインサイドアウトにスイングしづらい

※右利き主観で解説していきます。
もし体がネットの方に向いた状態でスイングでラケットをインサイドアウトに(右に)スイングすることは難しくなります。
体の構造上、自分の体が向いてる方向の方がスイングしやすいです。
ですので、しっかりと左肩を顎の下に入れて、横向きを作ることから始めましょう。

 

 

 

体が開いているとボールの外側が打てない

スクリーンショット 2020-07-20 14.24.43

また、体が前を向いているとボールの外側を打ちづらくなります。
重いトップスピンが打つことができなくなりますので、やはり体の向きは横向きを作れるようにしたいです。

 

 

 

スイングをスタートしたら体を止める

横向きでスイングし始めたら惰性で最終的には体は前を向くことになります。
よくないのは、スイングと一緒に体も一緒に回ってしまうと体が開いてしまうことです。
いわゆるコマのように体がぐるぐる回ってしまうのがよくないです。
ですので、体を横向きにしてスイングをスタートしたら体の動きは止めます。
そうするとラケットヘッドが前に出ていきやすくなりますので、ボールの外側もとりやすくなります。

 

 

 

フェデラーの顎の使い方のように

48208856767_085d1f8665_c

フェデラーを知っている方はフォアハンドを撃つ際のフェデラーの顎をイメージしてみてください。
ラケットを顎でボールを挟むイメージを持つと、体を止めることができます。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F