JP EN

【テニス】低い打点を選んで打てていますか?低い打点を選ぶことを消極的だと捉えないようにしましょう!

テニスダイアリー

2019.11.15

matsushitawhatwhenhow.png

高い打点で速いショットをコートに打ち込む!

かっこいいですよね〜。

どうも、身長があと10cmは欲しかった松下です。

今回は低い打点で打つ利点をいくつか上げて行きたいと思います。

 

 

 

①高い打点だけだと制限がある

「バウンドの最高点で打ちなさい!」

「打点を落としてはいけない!」

とアドバイスを受けた時ってどんな状況ですか?おそらくコートの中に入ってハードヒットする時ではないでしょうか。

そんな時はもちろん高い打点を選びたいですよね。

でもディフェンスでもニュートラルでも常にバウンドの最高点を捉えるなんて不可能です。

ですので意識的に低い打点を選択して、どんなショットを打つのか、打てるのかを知っておく必要があります。

低い打点も選べるようになろう

 

 

 

②低い打点の方がトップスピンをかけやすい

高い打点の方が速いボールをコートに打ち込みやすいですよね。

低い打点はトップスピンをかけて重いボールが打ちやすくなります。

さらにいつもバウンドの最高点で打つつもりで動いていると、やっぱりボールに突っ込んでいってバランスも崩れてしまいます。

そんな状態で安定してコートに入れ続けるのは難しいですよね。

ですので、自分のタイミングで、自分のバランスで打つためには低い打点も選べることだ大切です。

自分のペースを掴むために低い打点を選ぼう

 

 

 

③高さのあるボールが打ちやすくなる

②でも書きましたが、低い打点の方がトップスピンがかけやすいです。

トップスピンは下に落ちる力が大きくなるので、高い軌道のショットを打ってもコートの中に入ります。

ですので、相手のバランスを崩そうと思ったら低い打点から高い軌道のショットを打つ方が自分のリスクも下げられますね。

そして「相手のバランスが崩れたり、相手の精度が落ちてきたショットを高い打点で捉えて攻撃にいく」という予測ベースのシチュエーションを作り出すことができます。

予測しているので動きにも無駄が減りますね。

相手を崩すのは低い打点から!

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F