JP EN

スマッシュを打つ前に力を貯めよう

テニスダイアリー

2019.09.10

表紙 スマッシュ.001

 

こんにちは、中村です。

スマッシュはフォワーハンドやサーブのようにゲームの中でたくさん打つ訳では無いので練習時間も他のショットと比べて少なくなってしまいがちですよね。その為、変なクセがついてしまったりフォームが固まらずに悩んでしまう事があると思います。

そこで気をつけたいのはスマッシュを打つ前に体が開いていないか?

極端に体を閉じて打ちにくくする必要はないと思いますが、やはり打つ前に体が開いてしまうとせっかく貯めたエネルギーを効率よくボールに伝えられているかどうかは疑問ですね。

また体が開いた状態からボールを打ちにいくと打点も自分が思っているより前になってしまったり、腰が折れてスィングを上に振ることができなくなってしまいます。

カッコ良いスマッシュを打つためにいくつかチェック項目があると思いますが、良い姿勢(ボディバランス)でスマッシュを打つ為に打ち急がないでボールが打点に来るのを待つようにしましょう。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

NakamuraMasaya
Written by 
4年間のブランクを経て再びAPFacademiesに復帰しました テニスコーチとして15年経ちますが皆様と一緒にテニスができることに感謝を忘れず、またご一緒にテニスの面白さを追求していけたら良いなと思います。
T F