JP EN

【上級】高い打点はRat shotを選択する

テニスダイアリー

2019.01.28

20190128_catcheye

現実逃避が得意な松下です。

Rat shotのRatはネズミのラット。バウンド後にちょろちょろっと逃げる軌道が特徴です。

高い打点をインサイドインで打つのはとても難しい。

では1点も落とせない状況で難しいことを選択するのは、正しい選択なのでしょうか?

  1. テンション上げないダウンザラインから、
  2. To The Backhandから、
  3. ポイントを落とさない選択として、

Rat shotを選べるように、練習の時から選択のトレーニングもしていきましょう!

 

 

 

1.高い打点はRat shotを選ぶ

P1060389.00_00_05_31.Still007

打点が高くなればなるほど、クロスに引っ張ることは難しくなっていきます。

難しいことを選択するのではなく、簡単なことを選択できるようにしましょう。

 

 

 

2.To The Backhandから

P1060389.00_00_49_22.Still009

To The Backhand(アイテノバックノタカイトコ)から、相手のバランスとポジション、バランスから、ラットショットできるボールがくることをある程度予測して、高い打点からラットショットを選択します。

予測していない状態から無理にラットショットを選ぶのではなく、ある程度予測することで迷うことなく選択することができます。

 

 

 

3.ポイントをおとさない選択として

P1060389.00_01_00_53.Still010

1で説明した通り、高い打点をクロスに引っ張るのはできないわけではないですが難しい選択肢なので、ポイントを落とさないための選択としてラットショットを選びましょう。

それほど重要でないポイントでクロス(↑の写真だとストレート)に引っ張って見せておきましょう。

戦略的にクロスを見せておくわけですね。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F