JP EN

【完結】ボールの外側を捉えるとはこういうことだった!

テニスダイアリー

2018.08.13

スクリーンショット 2018-08-12 10.19.16

本日月曜日は母の日の代休で祝日ですね!
APFacademiesは本日も営業しております、松下です。

8月5日(日)に開催されました特別練習会の内容を少し公開します。

 

 

 

ボールの外側を捉えるとは?

この動画にもあります通り、スイングの方向に関わらずボールのどの点を打っているかで飛ぶ方向は決定されます。

「相手にどのようなショットを打って、どのような効果を求めるか」は、その場面によって変わってきます。

が、確実なクロスコートを打つ為には、このボールの外側を正確に捉える必要があります。

 

 

 

これが分かっていれば、すぐに修正できる!

このように、どうやってボールが前に(クロスに)飛んでいるかを理解できれば、

  • 「なぜ今のショットはアウトしてしまったのか?」
  • 「どうしてネットを超えなかったのか?」
  • 「なぜクロスを狙っているのにセンターに飛んでしまうのか」

このような状況になっても、すぐに修正可能になります。

あとはそれが出来るようにする為には、練習あるのみです!

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F