JP EN

【これで解決!】ボールの外側を打てれば?

テニスダイアリー

2018.07.09

20180709_nakamurahitoutsideoftheball.001

6月のダイエットで-4,9%のダイエットに成功した松下です。

今のところ「痩せすぎ」と言われていないので、今のところは成功と言えるでしょう。
5%ギリギリでしたね。

次は現時点の体重から-5%未満を目指して取り組んでみます。

 

 

 

ボールの外側を打とう!


言葉の上では、打ちたい方向にまっすぐ振りましょう!というのは理解しやすく、イメージもし易いと思います。

しかし、クロスに向かって後ろからまえに振れない状況になってしまったらどうしますか?

ストロークが吹っ飛んで行ってしまう方、後ろからまえにスイングしちゃってませんか?

それだと厚みの調整ができなくなってしまいますよ!

後ろから前にスイングするのは、ボールを前に飛ばす方法の一つに過ぎません。
ボールのどこをどうとらえてスイングするかが大事なんですね。

ウインドミルはボールの外側を簡単に打てるので、正確なクロスに打つ練習に役立ちますね。

ウインドミルを効果的に使おう!

 

 

一生懸命に体を回してはいけない


前述したように、ボールの外側を打つことができるようになると、正確なクロスが打てるようになります。
正確なクロスコートはそれだけで大きな武器になりますね。

OCですね。

ボールの点を正確にとらえなければならないので、体をブンブン回して打っていては再現性は低くなってしまいますね。
「入ればすごいけどね。」ということになってしまいますので、体の回転を抑えて、打点の点を意識して練習するといいですね。

打点の点を意識しよう!

 

 

 

おまけ

画像クリックでgif再生

画像クリックでgif再生

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F