JP EN

【テニス】ゆったりとスイングできるようにしてみよう!ボールの点を捉える!

テニスダイアリー

2019.10.25

matsushitawhatwhenhow.png

ボールを力強く飛ばすために必要なのはスイングのスピードだけなのでしょうか?

同世代でカラオケに行くとやっぱりSPEEDのWHITE LOVEは盛り上がりますね、松下です。

今日はゆったりとしたスイングでボールを飛ばせるようにしていきましょう!

 

 

 

①速いスイングは必要ない

将来的にはある程度速いスイングスピードも必要になってきますが、今回は初心者ブログのエントリーということで「速いスイングは必要ない」と行っておきますね。

速くスイングしてしまうとやっぱりボールってかっとんでしまいますよね。

これは慌ててスイングしてしまっているときにも同じことが起こっています。準備が遅くて慌ててボールに合わせているとどうしてみスイングがブンブンしてしまいます。

ですのでゆったりとしたスイングで打てるようにトライしてみましょう

ゆったりとしたスイングで打とう!

 

 

 

②早いテイクバックが必須

ではどうすればゆったりとしたスイングができるのでしょうか。

それはテイクバックのタイミングの早さです。

素早くテイクバックを完了することでスイングに時間的な余裕が生まれます。

そこから打点までの時間を逆算してゆったりと振り始めましょう!

目安はボールがバウンドする前にテイクバックを完了しておく事です。

バウンドの前にテイクバック完了!

 

 

 

③ボールを捉える

そして余裕があればボールのどの辺を打っているのかを意識してみましょう!

ボールを安定した軌道で飛ばすためには回転が必要です。

それがトップスピンです。

このトップスピンを正確に打つためにはボールの外側を捉える必要があります。

  • ボールの真後ろ
  • ボールの上
  • ボールの下
  • ボールの右下
  • ボールの左下

いろんな打点の点がありますので、色々試しながらボールの捉え方を練習してみましょう!

ボールの外側を捉える

 

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F