JP EN

1歳2ヶ月の子どもと一緒に行くフランス旅行(ホテル編)

ライフスタイル

2019.08.01

フランス旅行 ホテル編.001

酒井です。
先日のお休みを利用して、家族でフランスのパリに行ってきました。
1歳2ヶ月の子どもがいるので、おしゃれなレストランや遠出しての観光地巡りといった事は出来なかったのですが、存分にむこうでの滞在を楽しむ事が出来ました。

今回は「小さい子供がいても楽しめたフランス旅行 ホテル編」をご紹介したいと思います。

 

宿泊したホテル

ホテルはパリの1区にあるCitadines Les Halles Paris (Apart Hotel Paris)という所にしました。
決めたポイントは値段と立地、そしてキッチンとランドリーがあるという事です。

5D9076AC-1C02-4005-B9FF-44E55EF54B25

ホテルからの夕焼け。エッフェル塔がライトアップされてます。 恐らく夜の9時半位。

2E3FFC77-9CEB-461E-A147-DB39E941D747

予約した時には知らなかったのですが、近くにとても綺麗な公園があったので暑くなる前に毎日ここでエネルギーを発散してもらいました。
AFC96611-76BB-43A4-A546-A0DE9368E463

公園の前には壮大な教会(サントゥスタッシュ教会)が。時間に合わせて鳴る鐘の音が印象的でした。

ホテルはキッチン・ランドリーがあるところがオススメ

 

冒頭でも書いたのですが、オシャレなレストランでご飯を食べるという事が中々難しいのでキッチンがある所を選びました。
こども用のご飯は、うどんや白米(電子レンジで温めれるもの)、醤油、ひるげ(お味噌汁)、子ども用の簡易ご飯をスーツケースに入れて持って行き、朝夜はそれを調理してあげていました。
大人用は、近くにパリのスーパーでもっとも有名なMONOPRIX(モノプリ)があったので、最初食料品はそこで購入したのですが、野菜・果物・パンどれも美味しかったです。
IMG_9255
こちらも美味しかった、ラズベリータルト。
大型スーパーのデザートがこんなに美味しいとは驚きでした。

マーケットにて

IMG_9282

総菜屋さん。サラミ・パテ・生ハムを購入

IMG_9284

チーズ屋さん。

こちらはパリのマーケットにて。パリで暮らしているかのような楽しみが出来るのが、キッチンつきのホテルのいい所だと思います。
マーケットには沢山のフランス人が、キャリーバックを持って買い物に来ていました。

IMG_9327

サラミにバゲットにチーズに果物。

IMG_9291

ブラックチェリーが安くて大量買い。バンコクではこんな値段で食べれない。

こんな感じで部屋で晩御飯を食べていました。

もちろん、赤ワインのお供も忘れずに。

洗濯は

ホテルについているコインランドリーを利用しました。
バンコクとパリの時差は5時間あり、朝の3時には目が覚めていたので誰も使用していない時間帯に洗濯機と乾燥機を使用する事が出来ました。

街中にコインランドリーはあまり見かけませんでしたし、ホテルにお願いするとかなりの割高になるので、ホテルにコインランドリーがあるというのは重要ポイントだと思います。全て手洗いでというわけにはいきませんからね。

 

おまけ

IMG_9333

息子の毎日の楽しみは、公園を掃除している方の後ろを付いて回ること。
空気でごみを飛ばしているのですが、その機械がお気に入りだったようです。

次回は

町歩き編.001

町歩き編を書きたいと思います。

YouTubeバナー
ライフスタイルの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 2018年には、卒業生が18歳以下男子全日本ジュニア選抜室内で優勝。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F