JP EN

【中級以上】 オープンスタンスで打てるようになろう!

テニスダイアリー

2019.02.25

20190225_openstance.001

全てをさらけ出した、そう、我こそはサンシャイン松下!

さらけ出す。そう、オープン!

オープンスタンスで打てるように練習しよう!

 

 

 

オープンスタンス、それは足の位置の呼び方

20190225_openandsquare.001

ステップインの時に使うスクエア・スタンスと違い、オープン・スタンスでは横に長い黄色い三角形を作ります。

これを幸せの黄色い三角形と言います。

  • 夏の大三角形はデネブ、アルタイル、ベガ
  • 冬の大三角形はシリウス、プロキオン、ベテルギウス
  • 幸せの黄色い三角形は左手、右足、左足

横に長い三角形を作ろう

 

 

 

全てのボールをスクエア・スタンス(ステップ・イン)で打つことは不可能

20190225_backhandopenstance.001

基本のフットワークと言っても、全てをステップ・インで打つことは不可能です。

なぜなら相手はそれをさせないように、球種や高さ、速さを変えてくるからです。

  • 相手の高くて重いショットへの対応
  • 低くて滑って逃げていくボールへの対応
  • 短くいけど高く跳ねる時の対応

前後左右に振られた時に幅広く対応できるスタンスです。

オープン・スタンスではコンパスは必要ありません。

 

 

 

状況に合わせてフットワークを変えられることが大切!

相手はあなたが打ちやすいようにプレーしてはくれません。
むしろあなたがUncomfortableな状況になるように、いろいろと仕掛けてきます。

「基本が大事だから!」

というのは理解できますが、難しいことを選択することはありません。

状況に応じて足の使い方を変えられるように練習していきましょう!

もちろんステップ・インで体重を乗せられる時は乗せていきましょう!

 

 

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F