JP EN

【ジュニアテニス】負けた試合後の子供のコメントあるある。さて、どうしよう。

テニスダイアリー

2018.04.19

試合後の子どものコメントあるある.001

酒井です。
今回は「(負けた)試合後の子どものコメントあるある」を書いてみます。

相手がシード選手で、、、、

sports_body_builder_man

全然ボールが取れなくて負けました。

 

自分のプレーが出来なくて

kodomo_syourai_yume2

負けました。

ダブルフォルトで

publicdomainq-0011666jsq

負けました。

バックが入らずに負けました。
フォアが吹っ飛んでいって負けました。

 

キレて

48ba4dab
負けました。

 

相手のミスジャッジで

cry_boy
負けました。

これら全て私の生徒の、試合後のコメントです。

最初は皆こんな風にシンプルなコメントしか出来ない子供が多いと思います。

ただ強くなる選手は、試合を自分で分析し、自分の言葉できちんと説明する能力が優れています。

少しずつその能力を向上していけるよう、下記の様な問いかけをしてみてはいかがでしょうか。

gatag-00000674

1.どうしてそうなったんだと思う? 何か気づいたことはある?
2.次同じように負けないためには今後どう取り組んでいく?

試合後、お父さん・お母さんにしてもらいたいこと

の記事でも紹介しましたが、上達の為には「自分で気づく」ことが必要不可欠。

自分で「気づき」を得る為の問いかけをコーチや親御さんが毎回してあげると、将来自分の言葉で説明出来る様になるのだと思います。

face_angry_man4
いきなりこんな顔で怒ってはだめですよね。
辛抱強さが必要です。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F