JP EN

【シングルス】ダブルス女子がシングルスをプレーする時に最初に覚えて欲しい事(その1)

テニスダイアリー

2020.09.08

シングルス女子.001

酒井です。
つい先日第1回目の女子シングルス専門クラスを行いました。
レッスンの中では、普段ダブルスしかやったことがない方が最初に何を気をつけてプレーするのが良いかをご説明しました。
今回ここでは、代表的な気をつけることの1つめを紹介します。
ダブルス男子がシングルスをプレーする際にも参考になると思いますので、ご興味のある方はぜひご一読下さい。

ポジショニングがとても大切

まず1番に気をつけなくてはいけないのが、ポジショニングになります。
(様々な状況の中でのポジショニングがあるのですが、ここでは2つご紹介します)
ダブルスでもポジションの大切さは痛感されていると思いますが、シングルスでもとても大切なんです。

シングルスは1人でプレーするので、打った後に真ん中に戻る必要があるのは恐らくご存知だと思いますが、クロスに打った後とストレートに打った後で戻るポジションに違いがあるのはご存知でしょうか。

それでは質問です。

Q1.バックハンドクロスコートを打った後に戻るポジションは基本的にA又はB、どちらでしょうか。

 
こちらどちらが正しいか分かりますか。
スクリーンショット 0032-08-23 13.28.38

 

 

 

 

答えはAになります。
クロスに打った後はAのポジションへ、ストレートに打った時はBのポジションに動くのが基本になります。

よくあるミス
Bまで一生懸命戻って、もう1度クロスに打たれたボールに追いつくのにも必死。
ラインタッチのトレーニングのようになっている方をよく見かけます。

 

 

Q2.フォアハンドでストレートにボールを打ちました。相手がしっかりと構えてバックハンドを打ってくる際の、あなたの次のポジションは基本的にCとDのどちらになりますか

スクリーンショット 0032-08-23 15.45.56

 

 

 

 

A.答えはDになります。
もしもあなたのダウンザラインで対戦相手のバランスが崩れた場合は、Cのポジションを取りましょう。

よくあるミス
Cの位置に立ってしまい、相手に打たれたボールが深い場合、次のショットで体の前に全くスペースがなく、窮屈な状態で返球。
ベースラインの上またはその中に立ってしまう方が多いので、要注意です。

 

ダブルスをいつもプレーしている方がシングルスをはじめてプレーする場合、まずはこの1つ目を理解する事が出来るといいですね。
今週も木曜日に女子シングルス練習会がありますので、この1つ目を復習しんがら、2つ目に必要な事に取り組みたいと思います!!

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 2018年には、卒業生が18歳以下男子全日本ジュニア選抜室内で優勝。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F