JP EN

Windmillを打つ為に大切な3つのポイント

テニスダイアリー

2020.05.29

酒井です。
今回はウィンドミルを打つ為に大切な3つのポイントを記載します。
(私のZoomオンラインレッスンに参加してくれた方は、こちらでぜひ復習としてみてください)

 

ウィンドミルとは

このようなショットです。

 

 

ウィンドミルの良さとは

 

そもそもウィンドミルの良さとは何か。
普通のフォアハンドよりもスピン量を多く出来るので、高いボールやクロスコートで相手をコートの外に追い出しやすくなります。

 

それではウィンドミルを打つ際の気をつける3つのポイントを説明します。

 

1.フォロースルー

 

フォロースルーはラケットが顔の前を通った後に、終わりは右耳の横。
顔の前を通ってからというのがポイントです。

 

2.打点

ここがよく勘違いされている人が多いです。
打点は普通のフォアハンドと同じで、出した足よりも前になります。
フォロースルーの形を意識しすぎて、打点Bで打つ方が多いので、気をつけて下さい。

 

3.スイング方向

スイング方向は内側から外側になります。
ボールの右下(赤い点の部分)を打つことでボールをクロス方向に飛ばしやすくなります。

以上の3点に気をつけて下記の動画を再度みて頂くとイメージしやすいと思います。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 2018年には、卒業生が18歳以下男子全日本ジュニア選抜室内で優勝。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F