JP EN

【ラケット紹介】コーチの使っているブランドの、ラケット紹介お願いします!!

テニスダイアリー

2019.09.05

ブログ表紙.001
酒井です。
現在APFで取り扱っているラケットは4ブランドあります。
Wilson
Babolat
Head
Yonex

ラケットを購入の際に、どのブランドを選んだらいいのかって難しいですよね。

今回はそれぞれのブランドのラケットを使用しているコーチに、それらがどの様な特徴があるのか、紹介してもらいます。

奥が深い.001

Wilson

塚田健一郎コーチ:Prostaff97(Laver Cup Edition)

 

塚田コーチ

スクリーンショット 0030-05-18 12.04.34
RF97 Laver cup editionを使っています。
何がいいかと聞かれると困るのですが340gという重さに満足しています。
Pro staff 90から使用していてその後ベストはRF97の黒塗りが一番よかったと思います。
なぜウイルソンなのかと聞かれると、昔からの憧れがプリンスグラファイト、ヘッドプレステージ、そしてウイルソンプロスタッフだからです。全て使いましたが今までで最高だったのはクエルテンが使用していたi Prestage midです。
picture_pc_8f5c11f382db0b22d237279548791e2f

松下雄一郎コーチ:Prostaff97(Laver Cup Edition)

松下雄一郎

スクリーンショット 0031-08-31 10.07.19

2011年からWilsonのラケットを使用しています。
私のPro Staffの印象は「豆腐」です。
「このラケットにはこんな最新機能がついてます!」といったものはPro staffにはないですが、それがいいですね。
使用者が意図的に飛ばしたり飛ばさなかったりがしやすいラケットだと思います。

現行のモデルはシンプルなデザインになっていますのでそれもいいですね。

Simple is the best!

 

Babolat

中村雅哉コーチ:Pure Drive

中村コーチ フォアハンド

24815925585_f5f95b55cc_k

今回、Pure AeroからPure Driveに変更しました。
バボラのラケットは反発性に優れていて、モデルチェンジが進むにつれて操作性もどんどん向上されているので、どなたにでもお勧めできます。
またラケットは厚さは薄くはないのですが、それでも空気抵抗をそれほど感じずに心地よく振ることができます。
デザインもかっこいいのも今回ピュアドライブを選んだ理由の一つです。

大津義人コーチ:Pure Aero Roland Garros edition

大津コーチフォアハンド

20190119_otsuprofile.v.1.1

2012年からBabolatのラケットを使用しています。
Babolatは主要の3モデルを軸に全てのモデルでTop10に入る選手が使用しているくらい使い易く、皆さんのテニススタイルに合わせたラケットを提供できるのが強みです。
私が使うPure Aeroは厚ラケットと言われる部類に入るラケットで、ラケット自身の力がとても強く楽にボールを飛ばすこと&回転をかける事ができます。
大学3年生の時に、このシリーズのラケットを使用してからエッグボールや強いサーブを打ち易くなり都市対抗の県代表や埼玉県でも上位に食い込めるようになりました。
Bobolatは楽ラケットが多く、皆さんがテニスを楽しむ上で必ず手助けになってくれます。
是非一度お試しください。

Head

金子英樹プロ:Head Graphentouch Prestige Tour

英樹さんサーブ

スクリーンショット 0030-05-18 11.53.08

私は、ボールを飛ばす飛ばさないが明確で、スイートスポットが小さいラケットを好んで使用しています。Head Graphen touch Prestige tourは自分のボールの軌道のイメージとスイングがぴったり合っているのが良いですね。

酒井亮太コーチ:Head G360 Gravity MP

Sakai Backahand Head G360 Extreme

写真のラケットは、Head G360 Extreme MP(これも扱いやすいラケットです)

スクリーンショット 0029-02-24 13.06.49

これまでも沢山のHeadラケットの紹介をさせて頂きました。

2019年 タイでもHeadのラケットの最新モデルが購入可能になりました!!

Headのラケットの特徴としては、どのモデルも打球感が良くて打っていて気持ちが良いです。またボールの飛び、落ちた後の伸びが優れていると感じます。
Headは代表的な6種類のラケットがあるのですが、デザインもシンプルで格好良く、皆さんのニーズに合わせて選ぶことが出来るのでそこも良いところですね。
全てのモデルを使用した事があるので、皆さんのご希望に合わせてオススメ出来ると思います。
お気軽にご質問ください!!

スクリーンショット 0031-09-02 10.04.36

Yonex

スクリーンショット 0029-02-24 13.06.49

バンコクでのYonex担当は私になりますが、最近Yonexを使用していないので、Mr.Yonexことシンガポールの越智亘コーチに、Yonexについてのコメントを頂きました。

 

越智亘コーチ: V CORE98 ギャラクシーブラック

 

DSC_3888

スクリーンショット 0031-08-31 21.37.42
YONEX最高傑作VCORE98のギャラクシーブラックを使っています。
仕様する際に必ずバックハンドストローク、スライス、サーブをチェックします。
自分自信の描くフィーリングが120点満点。
また私の不得意のフォアハンドがたくさん入るんです!

皆さんも是非一度YONEXラケットを試してみてください。
沢山あるラケットメーカーから選ぶのは凄く大変なことだと思います。
YONEXは他メーカーとフレームの形が違います。その為、外国での大量生産を選ばすに、日本の新潟工場で1本1本大事に作られているのです。
また、全てのレベルに合わせたラケットが用意されています。
まだまだ進化し続けるYONEX!!!!!!!を使用してレベルアップを目指しましょう。

 

気になるブランドのラケットがある方は

Wilson(塚田コーチ・松下コーチ)
Babolat(中村コーチ・大津コーチ)
Head(酒井コーチ)
Yonex(酒井コーチ)→分からないことはシンガポールの越智コーチにすぐに聞きます!!

こちらの担当コーチに、ぜひお尋ね下さい。
皆さんのラケット選びに役立つお話が出来ると思います。

それでは皆さんのテニスライフが素晴らしいものとなりますように!!
そしてご協力頂いたコーチの皆様、有難うございました。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 2018年には、卒業生が18歳以下男子全日本ジュニア選抜室内で優勝。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F