JP EN

【卒業生の活躍】全国大会優勝おめでとう!!

テニスダイアリー

2018.12.20

APF卒業生の活躍
酒井です。
APFの卒業生から嬉しい報告を頂きました。
松田康希君(神奈川県湘南工大附属高校3年)が、今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第39回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月13~16日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)で見事優勝しました。

 

松田康希(湘南工大附高)と阿部宏美(愛知啓成高)が優勝 [第39回全日本ジュニア選抜室内]

補欠出場からの快進撃、松田康希がインターハイ三冠の白石光にリベンジして優勝 [第39回全日本ジュニア選抜室内]

5745957791_2e46dea9d2

2012年の写真

これまでもブログで紹介してきましたが、バンコクから日本に戻り、少しずつ結果を出してきて高校生最後の全国大会で初優勝。
バンコクでもそうでしたが、日本でも相当努力してきたことでしょう。

これまで携わった全ての人達、そして親御さんに感謝をして、今後も更に頑張ってくれることを期待しています。

康希君は、来週から始まる年末年始のキャンプ、allout2019にも参加してくれるので、久しぶりの再会がとても楽しみです。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 2018年には、卒業生が18歳以下男子全日本ジュニア選抜室内で優勝。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F