JP EN

【トーナメント】繋げるだけでもダメ、ばかばか打つのもダメ、ではどうする?

イベント

2018.05.28

20180527_donotberessesive

錦織選手とベルダスコ選手の試合をみていて疲れ果てた松下です!
見ているだけでもつかれてくるクレーコートの試合。
やはり正確なクロスコートは5セットマッチでは脅威ですね。
ちょっと走ろうかな…

トーナメントのレポートです。

 

 

 

やはり繋げているだけでは勝てなくなってくる。

20180527_50tactics

APFacademiesのLINEグループ【50の戦術】に入っている方はすでにご存知だとは思いますが、低いボールが正義というわけではありません。
また、高いボールにも効果がないものとあるものとに分かれます。
こういった情報も取り入れて、ただラリーをつなげる、コートにいれるだけのリセッシブなテニスにならないように気をつけましょう。

 

 

 

 

果たして優勝は…

20180527_winnerrunnerup

準優勝Pimさん(左)
相手を後ろに下げるウィンドミルを上手く使っていましたね。
走らされた時にウィンドミルがなかなか持ち上がらないので、ブレーキングを練習の中でも練習するといいですね。ナチュラルにパワーのあるショットを打つことができるので、「打ちすぎないこと」が大事ですね。

優勝Taroくん(右)
素晴らしいバックハンドを軸にゲームをコントロールしていました。テンションあげずに打ち分ける、できそうでなかなか難しいことです。
バックハンドはしっかりとボールの外側を捉えるのが上手ですね。フォアハンドもウィンドミルの時はできています。ベーシックスイングでもできるようにすると相手をもっと動かすことができますね。
そうすれば必然とエースも増えてきますよ!
有終の美、おめでとう!

 

 

 

次回のトーナメントは、

201806_apfjunirsinglestournament

 

 

5月29日(火)
こちらはトーナメントではありませんが、新しいルールを覚えながら試合のマッチ練習をしていきます。
JAクラスの方があと1名ご参加いただけます。
こちらは定員となりました。

6月10日(日)
KD1クラスとJFクラス対象のトーナメントです。
このトーナメントでは、「まだ早いかも?」と思っている方でも参加できるようサーブではなく、フォアハンドストロークから試合をスタートします。
点数が数えられなくてもコーチが一緒にいますので安心してください。
この大会の名前はChallengers!試合に挑戦してみましょう!

6月24日(日)
JAクラスが対象のトーナメントです。
今回はグリーンボールではなく、イエローボールでの試合になります。
グリーンで培ってきたものを発揮しましょう!

 

 

 

今回のトーナメントの様子はこちら
20180527   APF Grandslam

イベントの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F