JP EN

【キッズクラス】スポーツが得意になるように、幼少期にハンドアイコーディネーションを高めておきましょう!

テニスダイアリー

2022.05.23

幼少期に高めておきたいスポーツの為の能力として、ハンドアイコーディネーションというものがあります。
「飛んでくる物体に対して目で見て、体を正確に合わせる能力」という事で私は認識しているのですが、この能力、年齢がいけばいくほど、後天的には身につきにくくなる能力ではないかと、これまでの経験で考えています。

テニスは『目で見る認識の精度』+『体をどれ位の力で合わせるか』という事に加え、ラケットいう道具を使うので、中々複雑な動作と言えます。

全身で全力を出すかけっこや、バランス能力が必要とされる体操といった運動能力とはまた違った能力が、ボールや道具を使ったスポーツでは必要とされますので、ジュニアで上手な子供たちは幼少期からスタートしている子が多いんですよね。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Avatar photo
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。