JP EN

【めざせ中級】しっかりクロス(またはセンター)に返せるようにしよう!

テニスダイアリー

2017.12.25

20171225_whatsnext?.001

メリークリスマス!サンタさん私にもプレゼントをください!
プレゼントってやっぱり嬉しいですよね、プレゼンター松下です。

今日は攻撃された時の対処法をご紹介します。

とりあえずまぁ、行ってみましょう!

 

 

 

基本はクロスでラリーをする

20171218_keeprally.001

ベースラインにいるプレーヤーは基本的にラリーをすることが仕事になります。
ラリーを続ける中で、相手の返球が甘くなったらハードヒット(ちょっとだけ強く)できるようにしましょう。

強く打つだけが攻撃ではありませんが、強く打てることで攻撃にメリハリがつきます。
同じスピードでも自分が打つ高さで相手への効果も変わりますので、攻める際にはちょっと高い打点で打てるようにするといいですね。

「高い打点で打つこと」が攻撃になる

 

 

 

クロスに返せないと…

20171225_donthitstraight

画像クリックでgif再生

自分のショットが短くなったら、相手はすかさず前に来て攻撃してきます!
ここを見逃してしまうと、ラリーが長くなってしまいますからね。
そこでストレートにしか打てないと、どうなるか?

セオリーを知っている相手だったらストレートに帰ってくるのを待ち受けてますので、まんまとボレーの餌食になってしまいます。

ストレートに打つと餌食になる!

 

 

 

もしちゃんとクロスに打てれば、

20171225_bettertohitcross

画像クリックでgif再生

「ボールの外側を打って」、ちゃんとクロスに打つことができれば相手は簡単に決めることはできません。
特にネットより下で打たせることができれば、むしろ自分にチャンスが回ってきます。

そこまで低く返球しなくても浮いていなければ、相手は簡単に攻撃することはできないのでボレー対ストローク戦に持っていくことができます。
しっかりクロスに返せるようにしましょう。

クロスが基本!隙があればセンターをぬいてやれ!

 

 

 

ちょっと補足

クロスコートに打つためには打点の点を意識しましょう!動いて打っていますし、バランスも崩されていますので難しいとは思いますが、落ち着いてボールのどの辺りを打つべきなのかを意識しましょう!
そうすれば追い込まれてもちゃんとディフェンスができますね!

ここまで読んでいただいて光栄でございます。

それではまた来週!

初心者向けのブログはこちら

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F