JP EN

スライスロブは緊急脱出装置!

イベント

2020.12.07

slice-lob-emergency-escape-device
2020年12月10日にスライスロブを集中的に練習する特別クラスを開催します。
スライスロブってなぜ必要なんでしょうか?

スライスロブは最後の最後に逃げれる

スライスロブは最後の最後で逃げれる緊急脱出装置のようなものです。
スライスロブを打たずにトップスピンロブしか打ってはいけないと言われると、とても体に負担がかかります。
負担がかかるだけでなく、トップスピンロブを打てる状況というのはボールに追いつけているので、実はちょっと余裕があるんですよね。
スライスロブでなんとか返せる状況とは、もっともっと追い込まれている状況です。
薄いグリップに持ち変えることで、ボールの下が打ちやすく、ボールの外側も打ちやすくなります。
相手コートに返球できるようになります。
また、高さも出すことができますし、スライスロブはスピードがないので自分がポジションをとる時間も稼ぐことができます。

打てるようにならないと対応も分からない

自分ができるようにならないと、相手がそうしようとしてくるかも分からないものですよね。
自分が攻めれるようにならないと、相手が攻めてくるかどうか分かりません。
相手が攻めてくるか分かるようになると、自分はディフェンスを選べるようになります。

スマッシュも練習します

自分がスマッシュを打てるようになると、相手がスマッシュを打ってくるタイミングも分かるようになります。
特にスライスロブは対空時間が長いので、後ろに下がりながら打つ回数が多くなります。
下がりながらスマッシュを打つためには空中でバランスを取りながら足を入れ替える必要があります。
右利きの方は右足でジャンプして左足で着地します。
左利きの方は左足でジャンプして右足で着地します。

YouTubeバナー
イベントの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F