JP EN

【めざせ中級】ボレー対ストロークできるようになる練習の仕方とは

テニスダイアリー

2017.10.23

20171023_howtokeepvolleyagainststroak

前回に引きつづき、ボレー対ストロークが続けられるようになるコツをまとめました。
コツコツタイプの松下です。

とりあえずまぁ、行ってみましょう!

 

 

 

やってはいけないこと①

20171023_don'trush

ベースラインでのラリーでもそうだと思いますが、お互いに速いボールでラリーを続けようと思うととても難しいですよね。
だからボレー対ストロークを続けようと思ったら、速いボールでラッシュするのではなく、ゆっくりと打たなければいけません。

ガチガチ打つボレーはやめよう!

 

 

 

やってはいけないこと②

20171023_don'tgoforward

前に猛スピードで走っていきながら、柔らかいタッチでスピードを落とす。
そして後ろに戻る。

なんて想像したら、そりゃあボールも早くなりますよね。
前に動いてる時点で勢いがつきますから、しかもボレー対ストロークを続けようとしてる人が前に突っ込んできてたらストローク側もスピードのコントロールが難しくなりますね。

ボレー対ストロークを続ける場合は、前に行かない

 

 

 

飛んでくるのを待って、ボールの力ではね返そう

20171023_staythereandblock

ということで、ボーレ対ストロークを続けるためにはこの2つがコツになります。

  • ステップイン(足を前に出して打つ)はするけど、前に突っ込んで行かない
  • スイングでパワーを出さずに、飛んできたボールの力を使ってそのままはね返す

この2つをポイントに練習してみてください。

あとはちょっとスライスで打てたら最高!

 

 

 

ちょっと補足
ボレー対ストロークはダブルスにはもってこいの練習方法です。
ボレー対ストロークが続けられるようになったら、今度は決めに行く練習もしましょう。
ずっと続けるボレーだけしてても自分より上のレベルの人には通用しませんから。

続ける練習と決める練習、どちらも必要です。

ここまで読んでいただいて光栄でございます。

それではまた来週!

初心者向けのブログはこちら

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F