JP EN

目指せ中級レッスン4_トップスピンは縦の糸で打つ

テニスダイアリー

2020.07.06

matsushitawhatwhenhow.png

 

 

 

結論:メインストリングにどうやってひっかけて回転をかけるかが、トップスピンに必要な考え方

縦糸と横糸がある

スクリーンショット 2020-07-06 9.36.04

テニスラケットには縦の糸「メインストリング」と横の糸「クロスストリング」があります。
文字通り縦に張ってあるメインストリングを主に使うことになります。

 

 

 

糸で打っていることを理解する

スクリーンショット 2020-07-06 9.38.36

レッスン1でも紹介しましたが、テニスラケットは板ではなく糸で打つものです。
この糸にどのような角度でボールに引っ掛けるか、ひっかけないかが、トップスピンを打つに当たって必要な考え方となります。

 

 

 

擦りあげない、糸にひっかける

別の記事で大根おろしの例えをしました。
この表現で正解かどうかは置いといて、実際には糸でどうやって打つかを考えましょう。
ボールとラケットがまっすぐ当たってもトップスピンはかかりません。
また、トップスピンをかける方法は1つではありません。
いろんなスイングで、ボールのどこを打つかによって、トップスピンが打てます。
これは一個づつ紹介した方がいいので、また次回に持ち越しです。

現在作成中…

 

 

 

糸の寄れ方でわかるあなたの打ち方

スクリーンショット 2020-07-06 10.03.33

トップスピンを打つためには、メインストリングで打つ必要があります。
もしメインストリングが寄れて行くようでしたら、OK。
しかしクロスストリングが寄れてしまっている人は、要注意。
サイドスピンがかかっていますよ。

YouTubeバナー
テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
Tennis IQ
初心者の方
line
YouTubeチャンネルを登録する
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F