JP EN

対戦してはじめてわかった!コーチの素晴らしさを全力で紹介します!

イベント

2017.05.28

201705281もう先週になってしまいましたが、エキシビションマッチを行いました。

スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

【イベント】やはり試合は楽しい!エキシビジョンマッチ! | APF academies
スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

実際にコーチ達とこのような真剣勝負をしたのは初めてです。オーディエンスの前でプレーするのはとても緊張しますが、その普段の生活にない緊張感を僕自身とても楽しめました。

さて、各コーチがそのような極限状態!?の中で対戦し、改めて気づいた点や再発見した点を皆さんにお伝えしたいと思います。

同時に、各コーチがどのような特異性をもちあわせているか?どのコーチがどのような方にオススメするのか? 私、金子がプロテニスプレーヤーの視点で分析し皆さんにお伝えします。

スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34
スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

塚田コーチ

201705284

技術、情報量すべてが整っている塚田コーチは、対戦してみてやはりマルチなプレーヤーだということを再確認しました。

どのシチュエーションでも選択肢が多く、対応できるテクニックを持ったプレーヤーです。

 こんな方にお勧め!
当然と細かい技術に対して知識のあるコーチですが、あえてそこには触れずに全体像を把握しながら1セット、3セットのゲームメイクに焦点を当てたアドバイスをしてもらいたい方にお勧めします。

 スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

中村コーチ

201705282

選手”あるある”の話になりますが、中村コーチのようなタイプが対戦相手だと、まずウォームアップの際に「いける!(勝った?)」と思えてしまう。(失礼な話で申し訳ない、、、)

そのようなタイプでした。しかしいざ試合をしてみるとノラリクラリとかわされ、ポイントどころでは抑えられ一言で言うとかなりの試合巧者でした。自分の持てる力を十分に発揮、裏を返せば、できないことはやらない。はっきりしています。

こんな方にお勧め!
状況に応じた攻撃および対処に対してより磨きをかけたい、駆け引きを学びたい方にお勧めします。

スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

松下コーチ

201705285

松下コーチの容姿から想像通りとても綺麗なフォームが特徴です。テニスはとても綺麗なフォームが大切です。(後述)

とくに綺麗なフォームが反映されるのはボレー・スライス系であり、サーブ&ボレー、そして付き球の返球は教科書通りのプレーでした。

こんな方にお勧め!
ボレーを中心に組み立てていくダブルスプレーヤーには特にお勧めです。ボレーからの展開を沢山教わりましょう!

 スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

ジョージコーチ

201705283

パワーあふれるショットを炸裂したのがジョージコーチでした。リターン、付き球ともにとても重く鋭いショットを打っていました。

リターンをタイミング早く打つ事もできたり、ステイバックしてあえて遅く打つ事ができたり、相手はパワーで押されているのかタイミングを外されているのかが今ひとつリズムがつかめません。

あと一番緊張していたのもジョージコーチかな。

こんな方にお勧め!
リターンからの組み立てや付き球。そしてストローク中心に組み立てていく方にお勧めします。

 スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

酒井コーチ

201705286

今回は対戦する機会がなかったのですが、僕と一番長い時間ともに過ごしているコーチであり研究熱心なコーチです。

対戦相手に合わせて色々な戦術、その戦術にばっちしあったスキルを教えてくれます。

こんな方にお勧め!
これから試合に挑戦する方や、この選手に勝ちたい、勝つ方法を一緒に考えて欲しいかたにお勧めです。僕自身とりあえずシングルスで抑えておこうと思っていますが、かなり研究もされているので慎重に戦いたいと思います。

 スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

ジュニア選手の皆さん

対戦してとても驚きを感じたのがこのジュニア選手達です。勿論年齢やレベルはバラバラですが、何をやっているか?何を教わっているか?明確に分かるプレーをしていました。ちゃんとした指導を受け、そして理解しているが分かります。

引き続きコーチのアドバイスをしっかりと聞いて理解し自身のプレーに是非反映させてもらいたいです。

 スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

アダルトの皆さん

皆さんとてもフォームが綺麗なことに驚きです。

「フォームが綺麗でも試合に勝てなければ意味がない」なんて勝利至上主義の方もいますが、僕はそうは思いません。綺麗なフォームは大切です。

なぜか?怪我をしづらいからです。これはテニスに限らずどの競技も長く続けていくためには絶対的に必要です。そして綺麗なフォームははじめこそ身につけるのに苦労しますが、経験を積めば積むほどテクニックの向上がはやいのです。

反対に癖のあるフォームは今は勝てますが、必ずそこには行き止まりがあります。ちなみにではありません。行き止まりです。超えられないので引き返さないといけません。(例えばガチョンサーブがいい例です。)

 スクリーンショット 2017-05-28 9.31.34

最後に

とても楽しい時間有難うございました。

大勢の中でテニスをする、そして勝負することの機会があまりないので、どのコーチも大変に緊張していたことでしょう。その中、素晴らしいパフォーマンスを引き出してくれたのは皆様のおかげです。
今後もこのような和やかな空気、爽やかな風を感じられる機会をもっともっと作っていけるようにしたいですね。

イベントの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Hideki Kaneko
Written by 
以前はプロテニス選手でした。2004年シンガポール、2005年タイでスポーツ事業を始めました。二児の父親となり、娘の名前は「好・はお」と「歌・うた」中国語のニーハオからとったのと、誰からも親しまれる歌であって欲しいそんな願いを込めました。