JP EN

【トーナメント】見ている方がドキドキしてる?チャレンジはいつもワクワクです!

イベント

2018.06.11

20180610_apfchallengerscatcheye

米と麺を食べなくなって1週間が経過した松下です!

自分ルールで2週間と決めたので、あと1週間だけ!

意外と「米が食いて〜!」とはならないですが、食のバリエーションが少ないのが難点ですね。
今日は煮込みハンバーグでもつくろうかしら。

トーナメントのレポートです。

 

 

 

「いま自分は勝負をしているんだ!」が成長を促す

20180610_playingmatch

表情に出てない場合もあります。
なかなか見た目で判断が難しいところでもありますが、試合になった時の動きを見るとよくわかりますね。

保護者の皆さんは昨日選手たちが大量の汗をかいていたことに驚いておられてでしょうが、それくらい選手たちは、

  • 真剣に試合に取り組んで
  • たくさん動いて
  • コートを走り回って

勝とうとしていたんです。
どんなにコーチが「もっと足を動かして!」と言っても動かない子が!笑
勝負になると動かすんですね!伸び代ですね〜!

伸び代ですね〜!

 

 

 

果たして優勝は…

20180610_winnerandrunnerup

準優勝Waewさん(右)
返球率がとても高いです選手です。相手がミスをしても点を獲れるテニスというスポーツは、相手のコートに打ち返すという技術も高める必要があります。
Waewさんはそこが上手ですね!次は運動力学に基づいたフォームの修正と、動き出しの速さを少しづつよくしていくといいですね!

優勝Kaitoくん(左)
「ヨッシャー!」とメンタルが充実した素晴らしい試合への取り組み方でした。
この試合に対してどのような準備をするかというところは選手に必要な項目です!
次のステップとしては、小さいことをコツコツと積み上げていくところですね。
いつもの練習で、同じ内容のことを何度でも再現できる【Repeatability】。これが試合になって地力の差となります。
コツコツとやっていくしかないですね!

 

 

 

次回のトーナメントは、

201806_apfjunirsinglestournament

 

6月24日(日)
JAクラスが対象のトーナメントです。
今回はグリーンボールではなく、イエローボールでの試合になります。
グリーンで培ってきたものを発揮しましょう!

 

 

 

今回のトーナメントの様子はこちら

20180610   APF Challengers

イベントの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F