JP EN

【めざせ中級】クロスとストレートを打ち分ける簡単な方法!

テニスダイアリー

2017.08.14

20170814_howtocontrolcrossandstraight2

タイから日本へ旅行に行った方々が口々に「日本のほうが暑い!」とおっしゃいます。
そうなんです!タイは涼しいんです!笑

松下です。

本日はコントロールのお話。
皆さんは打球方向を決める要素とは何だと思いますか?

 

 

 

やる気?気合い?

20170814_racketfacedirection

「気合いでクロスに打て〜!」
「やる気が足りないから下手なんだ〜!」

もちろんそんな訳ありません。根性論は時には必要ですが、技術に根性論を持ってこられても困ってしまいます。
それではどうすればクロスとストレートを打ち分けることが出来るのでしょうか?

 

 

 

要素①ラケット面の向きで決まる

20170814_facedown

基本的には打つ瞬間のラケット面の向きで飛ぶ方向は決まります。(回転をかけない場合)

  • 打つ瞬間にラケット面が下を向いていれば、下に飛びます。
  • 打つ瞬間にラケット面が上を向いていれば、上に飛びます。
  • 打つ瞬間にラケット面が右を向いていれば、右に飛びます。
  • 打つ瞬間にラケット面が左を向いていれば、左に飛びます。

中級くらいになってくると、トップスピンやスライスを少しづつ打ち分けられるようになってきていると思います。
例えばラケット面の向きが下向き(FACEダウン)になっていても、頑張って上に振り上げればネットを越えることができますがこれは打球の厚みが薄くなってしまうためにおおすすめはできません。

 

 

 

要素②ボールのどこを打っているか?「打点の点!」

20160610_hitbehindball

 

打点とは、ボールを捉える位置のことをさします。例えばフォアハンドなら右前。サーブなら頭の上など、どの辺りでボールを打つか、ということが打点です。

打点の点とは、ボールのどの辺を打っているのか?ということです。

  • クロスに打ちたいなら、ボールの外側を打つ
  • ストレートに打ちたいなら、ボールの後ろを打つ

もしかしたら、ここを意識できていないのかもしれませんね。

 

 

 

打点が前でもボールの後ろを打ってしまったらストレートにしか飛ばない

20170814_sakaihittingbehindoftheball

 

写真↑のように打点はしっかり前でとらえているように見えますが、結論から言うとこれではクロスには打てません。
ボールの後ろしか打てないので、ストレートにしか打てませんね。

「打点を前にして打ってください。」とアドバイスをされたことがある人も多いのではないでしょうか?
「打点を前にしてもクロスに飛ばないことがよくある。」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

確かに打点が前にあることでクロスに飛ばしやすくなりますが、しかしそこが最大のポイントではありません。
大事なのは、

打点の点を捉えること!

打点を前で捉えることができるようになってきたら、今度は打点の点を意識して、ボールのどの辺りを打っているのかを気にしてみましょう。

これだけを意識するだけで格段に精度は高くなります!

 

 

まとめ

  • 基本的にラケット面の向きで飛ぶ方向は決まる。
  • クロスに打つ時は打点を前にして、ボールの後ろを打つ
  • ストレートに打つ時は打点を前にして、ボールの外側を打つ
  • 逆クロスに打つ時は打点、ボールの内側を打つ

 

ここまで読んでいただいて光栄でございます。

それではまた来週!

初心者向けのブログはこちら

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F