JP EN

【めざせ中級】あと1歩右へ、左へ!立ち位置を変えよう

テニスダイアリー

2017.07.03

20170703_roadtointermediate

さぁ、前回のポジショニングのお話はいかがだったでしょうか?
自分の立ち位置を探し続ける男、松下です。

今日は前回のおさらいから、立ち位置を微調整する時の話です。

 

 

 

20170703_playback0619

相手が打てる範囲を二人で取れるようにする。
センターは二人とも届くようにしておく

ここまでが前回までのおさらい!

 

 

 

20170703_straightcare画像クリックでgifが再生されます

ではもし相手がコートの外からボールを打つ場合は、立ち位置はどうなるのでしょうか?
上のgif動画のように、相手がコートの外にでるとストレートにわずかな隙間ができます。優先的にストレートを守らなければいけません。

ストレートにわずかな隙間ができるから、そこを狙われてしまう!

 

 

 

20170703_straightcare画像クリックでgifが再生されます

このようなわずかな隙間は、上のレベルへ行くほどに見抜かれて狙われてしまいます。

「たまたま相手のショットがよかった」からパッシングショットで抜かれたのではなく、抜かれるべくして相手に狙われているわけです。しかしこの原則がわかればもう左右の立ち居位置は迷いませんね。

相手が右に動いたら右へ、左に動いたら左へ動く!

 

 

 

いつも立ち位置を微調整する必要がある。

いかがでしたでしょうか?

このような理由から、ネットプレーヤーはいつも立ち位置を微調整する必要があります。

この一歩動くかどうかが大事なんですね。

ここまで読んでいただいて光栄でございます。

それではまた来週!

初心者向けのブログはこちら

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F