JP EN

LTAT LEVEL1 コーチングコースを受けた感想

テニスダイアリー

2017.06.14

IMG_7185
ジョージです。今年はじめてタイミング以前から受けて見たかったLTAT level 1コーチングコースが可能となりました。テニス好きな沢山のコーチに出会いました。

審査官の皆さん:Thank you so much!

IMG_7170

LTATに感謝しています。ようやくタイ6年目を向かい、沢山のタイ人の方とネットワークを広げられ、インタナショナルメンバーとして参加する事が可能になりました。一番右側から2 番目のMr. Sureshさん(ITF Junior Development Officer of Asia Region)とても厳しかった方ですが、勉強になりました。息子も今年初めて12歳で’wild card’を国マレーシアからもらいATFトーナメントに出場。奥様はインドアのモンスターテニスプログムを運営されています。3歳からのインドア・テニス・プラグラムです。http://www.monstertenniskl.com

Monster logo 3

 選手と同じ寮に住みお友達になった:

IMG_7169

シンガポールで指導されている元イギリスからのTomさん。ダブルズを一緒に組んだり、ビーチテニスなどに一緒に挑戦。超ナイスガイ!

 

70歳でもコーチングを始める方もいました:

IMG_6982

Mr. Pramote (タイ人)全く審査官と意見が合わず、Mr. Sureshさんを困れらせていましたが、私は彼の事が好きです。仏教の道を歩む・スピリチャルな方なので心が通じ合いう方です。また、母親からの言い伝えですが、「いつからでも初めても遅くない」と言う一言が正に彼です。素晴らしい。

色々な職業からテニス指導者へと:

IMG_7084

Mr. Tu. 本職はパタヤでジェットスキーのインストラクター。互い言葉は通じなかったですが、心はみっちしあんこでした。ノンバーバルですね。

 

どこかで一度出会って事のある方:

IMG_6989

Miss Nutさん。Zero1 Pattaya 2016にタイ人・コーチングスタッフとしてお手伝いしてもらいました。今はChiang Mai トップリゾートのFour Season Hotelでテニスコーチとして働いています。

 

とても長く・短く感じた11日間でした:

IMG_7024

いつも新鮮な気持ちで「ルーキーな気持ち」を忘れずにほんのわずかでも皆さんのバンコク生活をサポートして行きたいと想っています。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

George Kidera
Written by 
George Kidera has been coaching at APF Academies since April 2011. He had played tennis for the Bulldogs at Truman State University from 2000-2002. His role has been to promote and support all levels of the international tennis community at APF. "Coaching tennis is a wonderful experience and a great teaching tool to develop our next future leader."