JP EN

【ジュニアクラス】レッスンで取り組んだ2つのショットの復習をしましょう!!

テニスダイアリー

2017.06.08

復習
酒井です。
JAクラスで習った「ウィンドミル」
PPクラスで習った「ラットショット」
皆さん、打てるようになりましたか?

どんなショットだったか金子コーチのスイングを見ながら、復習してみましょう!!

1.ウィンドミル(Windmill)

Windmill

「ウィンドミル」とはラケットを縦にスイングするショットの名前です。

右選手は左へ、左選手は右へ曲がるショットで、ウィンドミルを使いカーブしたボールのことをフックショットとも言います。

ポイント
ボールの外側の点を打ち、ラケットをしっかりと頭の上まで振り上げることです。

 

2.ラットショット(Ratshot)

 

Ratshot2

「ラットショット」とはシュートぎみのボールを打つショットの名前になります。(下の動画をみてもらうと、ボールのバウンス後にボールが外に逃げているのが分かると思います。)

ポイントは

ラケットヘッドを落とさずに地面と平行にスイングすること。
地面を蹴ってボールが上がって来た胸の高さ(TPF)で打つことです。

いかがでしたでしょうか。
前回のレッスンで上手く出来なかった人も心配しないで下さいね。
一緒に繰り返し練習しましょう!!

こちらのショットを使ったシングルスでの戦術は、強化練習会で学ぶ事が出来ます。
ご興味のある方は、お気軽にお尋ねください!!
【ジュニア強化練習会】強化練習会に参加するとこんな事が身につきます!!

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F