JP EN

【めざせ中級】ボレーはスライスで打てるようにしましょう!

テニスダイアリー

2017.04.10

20170509_gotointermediate.v.2
初級クラスでラリーが出来るようになってきたら、次のステップはなんでしょうか?
アダルトクラスですとダブルスの練習が多くなってきますね、そうなってくると次必要になってくるのはボレーです。
そう、知る人ぞ知る私の得意ショット!

昔はよくヘンマンの試合をよく見てました。

 

 

ボレーにも色々ある

20170402_howtohitvolley.001ストロークと違ってボレーはネットの近くで、ノーバウンドで打つショットですが、
・ミドルボレー
・ローボレー
・ハイボレー
・ドライブボレー
・ハーフボレー
と、様々なボレーがあります。

初級のうちは「コートに入ればオッケー!」だったボレーも中級以上になるためには、様々な状況に対応しなければいけません。
相手が速いボールを打ってきたり、足元に沈んできたり、頭の上をギリギリで越えて行こうとします。
それではまずは何を出来るようになればいいのでしょうか?

 

 

 

球種は若干スライスで!

20170402_blockvolley.001ネットよりも低い打点で打つことが多くなってきます。その時スピンでしかボレーができないと、いいボレーが打てません。頭を必要以上に突っ込んだり、バランスを崩さないと打てなかったりという状況に陥ります。

そうなるとボレーをすることで自分が不利になってしまいますので、ボレーが嫌になってきますね。

そうならないためには、ボレーは若干スライスである必要があります。
スライスとは一般的にバックスピンといわれる向きの回転です。
上の写真のようにラケットフェースは開いている状態で打ちます。

そうすると、楽にボールを飛ばせるようになります。小さい動きでボールを飛ばせるので、バランスも崩しません。

 

 

 

フラットじゃダメなの?

ダメじゃありません。
ただ単純にボールスピードが速すぎるとコート内に収まりません。
あと、バウンドが跳ねない方が相手は打ちにくいのでスライスの方が高さを抑えられます。

・スピンになってしまう方は、まずはフラットで
・フラットで打てるようになったら、少しスライス気味に
・スライスが打てるようになったら、サイドスピンも混ぜて

このようにステップを踏んでいくといいですね。

初心者向けのブログはこちら

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F