JP EN

テニスのお悩みQ&A サーブのトス編(1)

テニスダイアリー

2017.03.23

ブログ表紙

酒井です。
今回は多くの方が悩む、サーブのトスを取り上げます。

Q.サーブのトスでボールが思った所に上手く上がりません。
どこに注意して練習すると良いですか?

A.下記の3点に気をつけて練習してみて下さい。

1.構え

IMG_3214

トスのスタートは写真のように、腕を下ろしたリラックスした状態から。
余計な動作は極力省きましょう。

2.腕は

スクリーンショット 0029-03-18 18.28.10

腕は
肩からではなく、肩甲骨から動かす意識を持ち
肘や手首の関節を極力使わず、一本の棒のように伸ばしましょう。

3. 一定のスピードで

スクリーンショット 0029-03-18 18.46.50

腕は一定のスピードで、脇から下がしっかりと伸びるまで上げます。

「片腕でのバンザイ」をイメージして頂けると、うまくいきますのでぜひ試して下さい!!

 

ボールを離すところは?

ここに意識が行き過ぎると、下記の写真の様に左手が途中で止まって、動作がぎこちなくなりやすいです。
上記のフォームをスムーズに作る中で、自然に離して下さい。
スクリーンショット 0029-03-18 18.41.30

頭で理解できたら、
サーブの動画を何度も繰り返し見てイメージづくりを!!

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F