JP EN

【テニス初心者】コートサイドを右往左往?ウオォー!!!(4)

テニス初心者

2017.02.20

20170220_5tingstoplaytennismatch

試合の進め方シリーズ。
第4回のテーマは、「ポイントごとにデュースサイドとアドバンテージサイドを移動しよう!」
え?どういうこと?
ええ、そういうこと。

 

 

 

右がデュース、左がアドバンテージ

20170220_deuceside20170220_advantageside

 

ネットを正面にして、右側がデュースサイド。左側がアドバンテージサイドといいます。
各ゲーム、1点目は必ずデュースサイドから始めます。
その後は右、左、右、左と、サイドを変えてポイントをスタートします。

 

 

 

ダブルスの場合

20170220_deuceandadvantage

ダブルスの場合、レシーバーは最初のリターンゲームでデュースサイドとアドバンテージサイドを決めてプレーした後、そのセットが終わるまでリターンサイドを変更することはできません。
パートナーと相談して、得意な人に得意なサイドをやってもらったり、苦手なサイドを代わりにプレーしてもらったり、ペアによって、調子によって変えてみましょう。

 

 

 

ノーアドバンテージの場合

20170220_reciever'schoice

通常テニスの試合はデュースで行われますが、デュースを行わないノーアドバンテージ方式で試合を行う場合はレシーバーはデュースサイドかアドバンテージサイドかどちらでレシーブを受けるかを決める権利があります。
パートナーと相談して決めましょう。

 

 

 

途中でサイドを間違えていることに気付いたら?

20170122_apfgrandslam

もしも途中でサイドを間違えてしまっていることに気付いたら、正しいサイドからスタートしましょう。

例えば、30-30なのにアドバンテージからサーブをしてしまった。
ポイントが終了してからサイドを間違えていたことに気付いた場合、そのポイントは有効で、40-30(または30-40)の正しいサイドからスタートしますので、もう一度アドバンテージサイドからサーブすることになります。

では次回をお楽しみに。

¡Hasta la vista!

【テニス初心者】テニスの試合に必要な5つのこと(1)

【テニス初心者】テニスの試合に必要な5つのこと(2)

【テニス初心者】テニスの試合に必要な5つのこと(3)サーバーはスコアをアナウンスしましょう。

【テニス初心者】コートサイドを右往左往?ウオォー!!!(4)

【テニス初心者】テニスの試合を進めるための完結編(5)

テニス初心者の関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F