JP EN

今年の新しい目標シリーズ: Gymnasticbodiesトレーニング

ライフスタイル

2017.02.08

crab edited

最初に教わる[CRAB]ポーズ。肩・体幹・膝の位置が求められます。体幹を持ち上げ、保つだけで厳しい。

ジョージです。
8歳の頃、一年も続きませんでしたが、体操トレーニングを今月36歳になる自分にもう一度チャレンジしたい思います。「いつからでも遅く無い」-母親の発言。きっかけは冬のキャンプallout beat。私流の考えですが、体の使い方をより意識して使う為の基本はgymnasticsにあるかなぁと思います。

 

Gymnasticsbodies Online Course:

gymnasticbodies

オンライン・コースなので自分で時間を決めて学べます。
https://my.gymnasticbodies.com

7つのコースから選択出来ます:
courses

私が選んだのが初級の[Fundamentals]コース。このコースの中から[4つのblock]の中に[6つLesson]合計24項目の内容がプログラムされています。コースの内容を先回りして前に進みたくても制限されているシステムなので気にっています。時間をかけて積み重ねてやってくださいと言う意味ですね。

 

今年から体の基礎を磨く:

abe

二つ目のポーズ: [APE] アキレス腱・背筋・体幹を意識。両手拳を地面につけてゴリラのように歩く。この写真では背筋をまっすぐ意識していますがまだ手がつきません。

 

競争ではなく日々の積み重ね: Before & Current???

Screen Shot 2017-02-07 at 14.37.50

 

すでに普段使わない筋肉が刺激され体中痛いです。それこそ進化! 今年allout beatまでどれだけ体が変わるか日々の楽しみです!

ライフスタイルの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

George Kidera
Written by 
George Kidera has been coaching at APF Academies since April 2011. He had played tennis for the Bulldogs at Truman State University from 2000-2002. His role has been to promote and support all levels of the international tennis community at APF. "Coaching tennis is a wonderful experience and a great teaching tool to develop our next future leader."