JP EN

【トーナメント】Federer選手と錦織選手に負けない熱い戦いがある!APF Grandslam!

イベント

2017.01.23

20170122_apfgrandslamcatcheye

メルボルンでフェデラーと錦織が激闘を繰り広げていた時を同じくして、APF academeisでもGrandslamが開催されました。
激闘に続く激闘で、優勝は誰だったのでしょうか?
そのレポートです。

 

 

 

タイブレークは出来ますか?

20170122_apfgrandslam
PPクラスとPLクラスが参加できるこの大会は、1セットマッチです。
6-6はタイブレークになります。
フェデラー対錦織の試合も1セット目はタイブレークでしたね。

ルールを把握していないと自分が損をしてしまいます。本当はやり直しにできのに相手のポイントにしてしまったり、ポイントが間違っているのに相手に押し切られてしまったり。
ポイントの数え方とルールも少しづつ覚えていきたいですね。

 

 

 

APF Grandslam

20170122_apfgrandslamrunnerup

準優勝Kotaroくん

安定感抜群です。ポジション取りからインパクトまで、同じ入り方ができます。
ネットプレーにも果敢に挑戦していました。次はアプローチショットの質を上げる必要がありますね。
スピンの他に、フラット、ウィンドミル、ラットショットも練習しましょう。
ボレーで自分を追い込むのではなく、アプローチショットで相手を追い込み、ボレーは楽に決める!

20170122_apfgrandslamwinner

優勝Misakiさん

・スピンで崩して、ボレーで決める。
・確実なクロスでオープンスペースを作って展開する
言葉にすると簡単そうですが、体現することは積み重ねが必要です。allout beat 2017や普段の練習の成果が見られた試合でした。
優勝スピーチも素晴らしかったです。
普段から真摯に取り組んでいないとこういったスピーチはなかなかできるものではありません。

次はローカルトーナメントにも果敢に挑戦していきましょう!

 

 

 

alloutするということ

20170122_apfgrandslamall

「allout」=「出し切る」と言うことです。
体力的にだけでなく、「考える・行動する・感謝する」全ての物事に全力で取り組む。
1日だけではありません。
その積み重ねが大事なんです。
これからも日々alloutしていきましょう!

 

 

 

次回のトーナメントは

201702_tournament.v.1.1
2月12日(日) APF Challengers
JFクラス対象のトーナメントです。
JFクラスの60ftコートにてサーブからスタートするトーナメントです。
出場選手は受付でトーナメントの心構え【The Road to Champion】を受け取って、試合の準備をしましょう!

 

2月29日(日) APF 250 Series
JF,JAクラス対象のトーナメントです。
グリーンボールでのトーナメントです。
まだ、黄色いボールだとラリーは難しい。でも試合がしたい。
そんな方にぴったりです。JFクラスの選手はダブルエントリーができますね。

優勝目指して練習を積みましょう!

 

トーナメントの様子はこちら↓
20170122   APFGrandslam

イベントの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F