JP EN

[環元水: Part 4] ‘Micro-clustering’で吸収効果を上げる

テニスダイアリー

2016.12.14

microclustered-water-molecules

ジョージです。
環元水を4週間飲み続けて少しずつ普段の生活の一部となって来ています。お水は毎日飲む物なので本当に欠かせない大切な栄養素ですね。今回はミクロの世界で還元水がなぜ普通のお水より効果的であるのか?それは…

 

マイクロクラスターリング

microcluster

  •  フィルターを通した水は飲めますが、水の分子が15~20個の大きなクラスターなので細胞レベルでは吸収しずらい

それに比べますと

  • 環元水の分子は5~6個の小さいクラスターなので細胞の膜を通り吸収しやすい

 

お水の分子を小さくする為に

kangen-electrolysis

水に電気を通します。

電解水(でんかいすい、Electrolyzed water)とは、水道水や食塩水などを電気分解することで得られる水溶液の総称である。 生成装置によって、生成する電解水の物性が決まる。 飲用のアルカリイオン水と洗浄殺菌用の電解水の2つに大別できる。https://ja.wikipedia.org/wiki/電解水

 

昨日はジントニック一杯と赤ワインを飲みましたが、寝る前に環元水を飲むと全く二日酔いがありませんでした。

 

 

 

 

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

George Kidera
Written by 
George Kidera has been coaching at APF Academies since April 2011. He had played tennis for the Bulldogs at Truman State University from 2000-2002. His role has been to promote and support all levels of the international tennis community at APF. "Coaching tennis is a wonderful experience and a great teaching tool to develop our next future leader."