JP EN

【テニス初心者】距離感がつかめないあなたへ贈る3つのコツ

テニス初心者

2016.12.05

20161205_distancebetweenballs絶妙な距離感を保ち続ける松下です。
ボレーでもストロークでも、スマッシュでも、距離感って難しいですよね。

今日は距離のつかむ練習方法とコツをご紹介!

 

 

1.左手はベースラインに平行に

20161205_distanselefthand

肩を入れるために、左手は前ではなくベースラインと平行になるように使いましょう。
※この時左手の親指は下です。

この形(テイクバック)のままで、移動できるようにしましょう。
初心者は上の写真からさらに左足を前に出すステップ・インで練習を開始したほうが体重移動がスムーズに行えますが、中級くらいになってくるとこのように↑セミオープンスタンスも練習したいところです。

 

 

 

2.この左手よりも遠くで!

20161205_farside

この左手を基準に遠いところで打たないと、詰まった当たりになってしまいます。
ちょうど左手の位置でもまだ近いくらいですね。
遠く、遠く、離れていても、そのボールが打てますよ〜ぉに〜♪

結構遠くでボールを捉えるために左手の位置は指標になります。
左手は前じゃなくて横です。

 

 

 

3.次は自分に合った形を探していく

20161205_protennistakeback

・基本に忠実に行くもよし、
・好きな選手の真似をするもよし、
・独創的にいくもよし、笑

左手で距離を合わせられるようなったら、次は「引く」練習です。

出した左手は左の腰元に「引く」ことで、右側にあるラケットを加速して出すことができます。

ただ距離を合わせるだけではないんですね。

 

 

 

4.おまけ(笑)

テニスに限らず、球技の初心者にありがちですが、
ボールに突っ込んでいってしまうことです。

テニスボール内の気圧は1.8気圧に設定してあり(グーグル先生に聞いてみました)、結構はねるんです。

なので、ボールが飛んでくるのを待って打てるようにしましょう!

テニス初心者の関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F