JP EN

[超初心者]以外と知らないテニスまめ知識 その1

テニスダイアリー

2014.06.23

wilsonが100周年を迎えました。松下です。
テニスボール、メーカー名の下に数字が書いてあります。
これはいったい何でしょう?

等級?

「1が1番いい?」
「数字が大きくなるほどに粗悪品?」
そんな事はありません。
通常1~4の数字が印字してあります。
今年は100周年ということで、100もあります。

「数字が大きくなるほどに粗悪品。」ということが真実ならば100と書いてあるボールはよほどの粗悪品という事ですね。笑

隣のコートと混ざっても大丈夫?

テニスコートはフェンスを挟んで隣接しており、
試合中に隣のコートのボールが入ってくる事があります。
しかも試合時間が違うので、当然ボールのコンディションも違います。
メーカーが違うならどっちのボールか分りますが、メーカーの違うボールを混ぜて使う試合はありません。

混ざると困る。

片方は1時間つかったボール、もう片方は新品。これでは条件が一定でないので、自分たちがどのボールを使っているのか分るようにするため。
と、言われています。

このようなまめ知識もレッスン合間にお話ししています。
テニスのことをより詳しく知りたい方は是非APFへお越し下さい。

↑お申し込みはこちらから↑

スタッフ紹介

a04130720 松下雄一郎 APF academies coach
 最近はカフェ巡りをしている。
 小さくて騒がしくないカフェが好き。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

APF Academies
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。