JP EN

バンコクから世界が恋する海「座間味島」へ行ってきました!!

ライフスタイル

2016.10.20

img_3665__1_

酒井です。
先週のお休みを利用して、沖縄の慶良間諸島にある座間味島に行ってきました。

座間味島ってどこ?

access-place-thumb-750x580-85

座間味島は慶良間諸島の中にある島の1つで、沖縄本島から高速船では50分、フェリーだと90分の距離にあります。

世界が恋する沖縄の慶良間諸島について(RETRIPより)

img_3654
今回、舟が揺れる事を恐れ、高速船ではなくフェリーを選んだのですが、、、、
乗って約1時間程した所から船酔い。
島近くに行くまで、ベンチを4つ独占して寝てました。。。。

そんな酔いも吹き飛ばすような光景が目の前に。。。

%e9%80%8f%e3%81%8d%e9%80%9a%e3%82%8b%e6%b5%b7

第一声は「なんじゃこれー」
透き通る海。こんなプールのような色の海、初めて見ました!!
もうこの海に大感動して、酔っていたのも忘れたくらい。

地元のダイバーの方曰く、座間味の砂浜は全てサンゴ礁の砕けた真っ白なものなので、海の色がこれだけ綺麗に見えるんだそうです。

ここに来たからには、やるしかないでしょ!!

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0
ということで、人生初のダイビング!!
ボートの上で説明を受けて、いざしゅっぱーつ!!

すぐに沖に出て体験ダイビングスタート。
初めは水の中で呼吸をするということを体が理解出来ずに、四苦八苦。
海の中に潜っても、緊張からかまばたきもせずにいたのをみて、インストラクターの先生からは、水中黒板で「目が怖いです。リラックス、リラックス」と指示が出てました。

海の中はまるで竜宮城のようでした

s__23535619

珊瑚の周りを泳ぐ魚たち

想像を絶する世界。
こんな光景が海の中にあっただなんて。

2日目はシュノーケルに初挑戦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一緒のグループの方と、ウミガメ(タイマイ)と一緒に記念撮影

幸運にも2匹のウミガメに出会うことが出来ました。
インストラクターの先生からは「95%ウミガメに会えるよ!!」と言われていたのですが、実際にはなかなか遭遇出来ないようですね。

今回お願いしたのは、座間味ダイビングチーム潮(うしお)の渡辺さん。

厳しさの中にも愛情たっぷり、私みたいな先生でした!!(笑)
座間味の海を知り尽くしている方ですので、座間味でダイビングやシュノーケリングがしたいという方は是非!!

絶景と有名な古座間味ビーチ!!

dac39778-5b6d-47c8-bcda-27e4fb193ded

早朝には、港から歩いて20分位の絶景スポットの古座間味ビーチへ。
夏の観光客の多い季節には、沢山の人で賑わうそうですが、10月の中旬ですと人もほとんどいません。
砂浜には沢山の珊瑚の死骸や貝殻が落ちていますが、国立公園に指定された座間味の珊瑚は持ち帰ってはいけないそうです。

最後はやっぱりこれでしょ!!

img_3753-1

オリオンビールにシークワーサー味のポテトチップス!!
ど緊張の初ダイビング後、自分へのご褒美。

img_3750
港からの綺麗な夕日を見ながらカンパーイ!!

来年も絶対に来よう!!

img_3730

雪国出身(山形)にとってマリンスポーツは一生縁のないものと思っていましたが、
「世界が恋する海」座間味の海に私も完全に恋をしてしまいました。

20150816145431

ライフスタイルの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導する。
T F