JP EN

【超初心者】テニス用語 アウト フォルト デュース

テニスダイアリー

2014.08.11

どこが入っててどこが入っていないのかを理解するのがラケットスポーツの難しいルールの一つだと思います。
松下です。
「アウト」「フォルト」「デュース」について。

out

決められたエリア内に入らなければアウトです。
少しでもラインに触れていればインです。
入っていなければ「アウト」と言いましょう。

fault(double fault)

全てのポイントはサーブから始まります。
サーブはサービスボックスという小さいエリアに入れなければなりません。
1回目が入らなくても2回目が打てます。
「ファーストサーブ」「セカンドサーブ」といいます。
サーブが入らなかったら「フォルト」と言いましょう。
2回ともサーブはいらなかったら「ダブルフォルト」といいます。

not Juice , but Deuce

基本的には4点を先にダッシュした方が1ゲームを得られますが、
3点対3点の場合は、2点差がつくまで続けます。

アマチュアの試合などでは時間短縮の為に、
ノーアドバンテージ形式(デュースなしで先に4点とった方が1ゲームを得る)
が用いられる事が多いです。
蛇の道は蛇
テニスの事はコーチにおまかせください。
無料体験レッスンも受け付けております。

スタッフ紹介

a04130720 松下雄一郎 APF academies coach
 最近はカフェ巡りをしている。
 小さくて騒がしくないカフェが好き。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

APF Academies
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。