JP EN

【ZERO1】120%で開催されたZERO1新潟!

テニスダイアリー

2014.08.25

皆さんこんにちは。塚田です。夏休みも終盤になりZERO1もついに、松本、東京を残すのみとなりました。昨日は新潟のジャンボインドアテニススクールで1日のZERO1が開催されました。

まずはこの方、ジャンボインドアテニススクール校長の尾崎さんです。子供達が楽しそうにテニスをしている所を見ている尾崎校長の表情から、子供達への愛情を感じます。

今回は新潟だけでなく、熱心な指導者と選手が山形県、福島県からも集まりました。尾崎校長からのスタッフ、選手が『120%だす!』というお言葉の挨拶をいただき、金子校長から、『130%だす!』と宣言しました!

ジャンボテニススクールを支えるコーチングスタッフ!女性の元気の良さが印象的です。

今回参加した選手の、反応、対応、行動、上達がはやい、はやい。おかげさまで、通常のプログラムより多くできました。これも日頃指導なされているコーチとご家族の力が大きいのでしょう。

驚いたのはこのパンフレットがクラブの中、ロッカー、トイレ、シャワー、クラブハウス、全てに張られていました。私達も楽しみにしてきましたが、それ以上に気合いを感じました。

福島県からも参加。ZERO1『ゼロからイチの力を生みました』

最後はサプライズのラケットの花道。くぐっている時に皆とタッチをしてクラブハウスに抜けていきます。その奥では沢山のご父兄の方の温かい拍手が待っていました。これも尾崎校長をはじめスタッフの人情を感じました。ZERO1の可能性を限界以上に引き出してくれた、選手、コーチ、関係者の方々にこの場をお借りしして深くお礼申し上げます。また来年、新潟に戻って来たいと思います。これからの新潟のテニス界は希望に満ちあふれています!こんなに早い1日を過ごしたのは久しぶりです。『allout』です。

スタッフ紹介

DSC 7843a 塚田健一郎 APF ACADEMIES
桜田倶楽部時代の育成クラスに携わり、数々のトップジュニアを輩出、その後プライベートコーチに転身。14歳以下Les petits Asやジュニアグランドスラム、ヨーロッパ、アメリカ、またプロ選手とATP,WTAなどにも帯同する。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

APF Academies
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。