JP EN

【バンコクでポケモンGO】話題のポケモンGO、まずやってみました!!

ライフスタイル

2016.08.08

ポケモンGO
酒井です。
タイも先週の土曜日から話題の「ポケモンGO」のサービスがスタートしたという事で、早速やってみました。
捕まえた!!

肝心のモンスターは写っていませんが、無事お家の近くで1匹ゲット。
このモンスターボールを画面上で操作して、モンスターにぶつけるのですが、最初は一苦労。
でも慣れてくると、1回で捕獲出来るようになって、段々と気分も上がってきます。

近所を数分程ウロウロした後、「ベンジャシリ公園はポケストップが沢山ある!!」という情報をTwitterで得たので、ポケストップって何だろうと思いながらも、ベンジャシリ公園に移動。

ポケストップについて知りたい方は下記のサイトから!!

ポケストップについて

ベンジャシリ公園

お昼のベンジャシリ公園

「ポケモンGOをやっている人は一目で分かる」と聞いていましたが、やはりそうですね。
皆その場所から動かずに、画面を指でスワイプしています。

お昼のベンジャシリ公園は、この後も段々と人が増え続けていました。

肝心の私は、、、、

mushi_ka

蚊に何箇所も刺されて、すぐに退散!!
ポケモンゲットしに行って、自分がゲットされるとは何とも情けない話。
とりあえず、私のポケモンモンスター採集は1時間にて終了。
ポケモン

やってみた感想としては、バーチャルですが昆虫採集の様な感じでなかなか楽しかったです。
この先も続けて集めていくと、他の人と対戦できたりモンスターが進化したりするのかも!?
しれませんが、私はこれにて終了。

今後、ポケモンGOを模倣した同じ様なゲームが色々出てくるかもしれませんね。

肝心の安全面ですが、夢中になりすぎて事故にあったなんていう事には気をつけて遊ぶ必要がありそうです。

タイでも、夢中になりすぎて池の中に落ちてしまった人もいるようですし。。。

ライフスタイルの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F