JP EN

【テニスで英会話】You’ve got be kidding me!

テニスダイアリー

2016.01.16

tellmegeorge4松下です。すばらしいプレーを賞賛する言葉をジョージコーチに聞いてみました。
まずは私が聞きたいのを先に聞いちゃいます。
You’e got be kidding me.

 

 

You’ve got be kidding me.

Matsushita_Circular“Are you kidding?”と”You’ve got be kidding me.”での違いって何ですか?

Kidera_Circular意味合いとしてはとても似てますが、”Are you kidding?”の方が少しsoftな感じです。
“You’ve got be kidding me.”は少し懐疑的というか、少し強い印象の言い回しですね。
“got”を強く発音しますので”You’ve GOT be KIDDING me.”と言います。
上の動画だと0:53のところですね。

ナイスショット!

Kidera_Circular「ナイスショット!」の言い方としては、
“Nice shot!”
“Great shot!”
“Hey , Nice shoot!”
“What a shot!”
“Sweet shot!”
などなど、いろんな言い方ができます!

Matsushita_Circularいつもいつも、
“Wow! good shot!”だけだと味気ないですね。
いろんな言い回しがありますので、こんな風に言いたいんだけど、というときは、

“Hey , tell me george ,これをこう言いたいんだけど?”
って聞いてみてください。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F