JP EN

【テニスで英会話】あぁ!惜しかったですね。もう少しだったのに,

テニスダイアリー

2015.11.20

20150926_tellmegeorge聞き間違えをよくする松下です。日本語、英語に限らず。
英語と日本語の聞き間違えも経験ありませんか?
例えば「惜しい!」と”Oh SHIT !”

 

 

「惜しい!」

スクリーンショット 0027-11-20 12.10.27
特にダブルスだと、チャンスを逃して失点しまった時に「ドンマイ!」「惜しかったね。」と声を掛け合ったりしますよね?
あれ?しませんか?
我々は日本語で「惜しい!」といっていますが、非日本語件の方々には”Oh Shit!”に聞こえることもあるようです。
実際に聞かれたこともあります。
「あれ皆なんて言ってるの?」
『あぁ、あれは惜しいって言ってるんだよ』
「な〜んだ、てっきりShitって言ってるのかと思った」

 

 

“Almost.”

Matsushita_Circular状況としてはチャンスをサイドアウトしてしまった時なんかに「惜しかったね、もうちょっとだった!」というニュアンスで伝えたいんです。

Kidera_Circular単純に「惜しい!」といいた時は”Almost.”や”Very close.”と言います。

さらに「もうちょっとだったね」と労う時には”Just a bot more.”ですね。

Matsushita_Circular確かに同じ「惜しい」でも状況によってニュアンスが変わりますもんね。じゃ難しい状況から一発逆転のショットを狙ってギリギリ入らなかったりしたら何て言います?

Kidera_Circularそうだね、”Nice try.”かな。

 

 

 他にもこんな聞き間違いも?

オリゴ糖
わかめ
Cool mountain she tells?
Correct color door through?
空耳・聞き間違いの科学より

 

 

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Yuichiro Matsushita
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ13年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。
T F