JP EN

【テニス初心者】フォアハンドストロークのグリップ

テニス初心者

2015.10.27

ラケットの持ち方、テニスは技術によって持ち方を変えますが、今回ご紹介するのはフォアハンドストロークを打つ時の持ち方です。

 

 

セミウェスタン・グリップ

がおすすめ。
これより厚いと打ちにくい角度が出てくるし、逆に薄いと回転をかけたり強打がしにくくなります。
ちなみに持ち方の名称はこちら。

薄い

コンチネンタル・グリップ
イースタン・グリップ
セミウエスタン・グリップ
ウエスタン・グリップ

厚い

 

 

 

 しかし神経質にならないように。

フェースに意識を持っていくことができれば、薄かろうが厚かろうが、同じ面のあたりになります。そのなかで、身体の構造の問題が出てくるので毎回極端に違うグリップを使うことはできませんが、とっさのラケットワークなど必要な場面もでてくるのでフェースの意識がとても大切になります。反対に手元だけでフェースをコントロールしようと思うのはとても危険です。ボールが当たるフェースを意識できるようにしましょう。

金子コーチのブログより抜粋

 

 

 

入り口が大事。

何事も最初が肝心ですね。
「持ち方はこれでないとダメだ!」など先入観にとらわれないように正しい練習を行っていけば、理にかなった美しいテニスが出来上がります。

バンコクでの生活をより豊かにできるテニス。それを美しく学びましょう!

テニス初心者の関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

MatsusitaYuichiro
Written by 
よく九州男児と呼ばれますが、私は「肥後もっこす」です。 コーチを始めてもうすぐ10年になります。まだまだ勉強中のルーキーですが、これまでの経験と知識から最大限に皆様のテニスライフを、そしてバンコクライフをサポートできるよう努めてまいります。